第一回「あぐりの杜プロジェクト」「杜人」 説明・交流会お申し込みフォーム
不具合によるお詫び
 
「NPO法人 あぐりの杜」ホームページにご訪問いただき誠にありがとうございます。
3月8日18時から3月10日午後14時までの時間お申込みフォームが稼働しておりませんでした。
この時間内にお申込みいただきました方のメールが受けとれておりません。申し訳ございませんが、その時間内にフォームからお申込みいただきました方で、「あぐりの杜」からの返信が届いていない方は、再度フォームからメールを頂きますようお願い申し上げます。
当方の不手際により、お手数をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。  

NPO法人 あぐりの杜 事務局

News

2017/0308

【EVENT】

4月8日(土)第一回「あぐりの杜プロジェクト」「杜人」、説明・交流会の詳細発表! 》詳しくは

2017/0301

【EVENT】

三重県主催で開催されたWIT2016(女性活躍推進サミット)プロジェクトアワードSTAR SHOWで当法人の事務局長 井上早織の取り組みが最優秀賞を受賞。その成果を3月1日「三重の輝く女子フォーラム」で発表しました。》詳しくは


 で人と地域を活性化

「特定非営利活動法人 あぐりの杜」のメインテーマです。

◆はじまりは農業と福祉の連携から
農福連携の視点から地域社会との協働を行い、人を育て地域を育てることを目的としています。活動は平成26年就労継続支援B型事業所「あぐり工房」の開設から始まりました。単に農業訓練の場というだけではなく、目標と生きがいを持って働けるように、常に心に寄り添いながら応援していく姿勢で取り組んできました。
 
◆人に備わる力と絆の成長
結果、応援し応援される絆の素晴らしさを実感したことが、原点になっています。障がい者だから高齢者だからという括りではない、目標ややりたいことのために集まった者同士が杜を中心に、互いに支え合ったり協力し合ったり、協働しながら創造する喜びをシェアし杜がかたちになり、人も絆も育っていくのです。
 
◆可能性は農業だけにとどまらない!
人と出会う度に新しい発見はあり、心動かされる出来事が起こります。農業だけではできないことも福祉、そして古民家や休耕田といった地域資源を有効的に活用した観光の要素をコラボして相乗効果を生み出します。平成28年には蘇った古民家内に「Gallery七菜(なな)」もオープンし、個性が生きる「さをり織り」を導入したアート活動も加わりました。
 
◆ビジネスという視点を持つ、だから実現できる
一人一人の個性が生きること、地域社会が活性化すること、笑顔が広がること。さらにはみんなが幸せでいられるビジネスとして発展することが、私たちの役割であり活動の意義です。心を尽くして、かつダイナミックな行動で夢を叶えてまいります。